Biosketch of Editors

Dr. Hascalla 写真


Vincent C. Hascall : 1969年にRockefeller大学からPh.D.を取得した。クラスメートのDr.Stanley Sajderaと共同の学位論文における研究は、現在ではaggrecan と呼ばれている軟骨 プロテオグリカンの会合する性質に関するもので、プロテオグリカンを組織と細胞から抽出・精製する際に広く使われている解離的抽出法を新しく導入した。卒業後Michigan大学の生化学及び口腔生物学教室で職員に任命された。1975年プロテオグリカンセクションでの研究を主催するため、Bethesda にある国立歯学研究所(National Institute of Dental Research)へ移動。1994年現職である Cleveland Clinic FoundationのLerner研究所 Biomedical Engineering部門のスタッフに任命された。結合組織生物学と糖質生物学への多大な貢献により、スウェーデン・ルント大学から“Doctor of Medicine,honaris causa”を授けられ、また複合糖質学会からは“Karl Meyer Award for Glycoconjugate”を受賞し、更に米国生化学会誌(J. Biol. Chem.)のAssociate Editorshipを委任されている。
Dr. Yanagishita 写真


柳下 正樹 : 1973年に慶応義塾大学医学部を卒業後、同年内科研修医として虎の門病院勤務。1975年アメリカ合衆国、国立小児発育研究所(NICHD)で客員研究員となり研究歴が始まる。ここでDr. Hascallの知遇を得、薫陶を受けプロテオグリカン研究を始める。1979年から1980年の間内分泌科の臨床研修を完了するため虎の門病院勤務後、再びNIHに戻りDr. Hascallの研究室に参加、プロテオグリカンとくにヘパラン硫酸プロテオグリカンの細胞代謝に関する研究を行った。1996年より現職、東京医科歯科大学歯学部生化学講座教授。
Dr. Yanagishita 写真


Bryan P. Toole : Bryan P.Toole はオーストラリアのメルボルンで教育を受け、メルボルン大学で理学士を、モナッシュ大学で生化学の Ph.Dを授与された。Dennis Lowther教授の研究室における彼の Ph.Dの研究では、現在デコリンと命名されているデルマタン硫酸プロテオグリカンを精製単離し、また生理的条件下でデコリンがコラーゲンと相互作用することを最初に証明した。1968年、博士はボストンへ移り、Massachusetts General HospitalとHarvard Medical SchoolのJerome Gross博士の研究室でポストドクとしての研究に取り組んだ。ここでToole博士は、再生と胚の発生過程でヒアルロン酸が、運動性をもち増殖する細胞を取り囲み相互作用することを示した。1972年、博士はハーバード大学職員となり、自分の研究室を創設して胚発育とガンにおけるヒアルロン酸と細胞の相互作用、およびヒアルロン酸レセプターの生化学的性質の究明に取り組んだ。1980年、博士はボストンのTufts大学健康科学分校に解剖学と細胞生物学の教授として加わり、1985〜1992年には同学部の主任であった。現在博士は the George Bates の組織学の教授であり、Tufts大学健康科学分校における細胞、分子および発育生物学の Ph.D.課程の所長を勤めている。博士の研究室は形態形成とガンにおけるヒアルロン酸と細胞の相互作用、さらにガン転移時の、マトリックスメタロプロテイナーゼの制御における腫瘍と基質細胞相互作用の役割に引き続き研究の焦点をあてている。

Hyaluronan INDEX