主催 :
PGフォーラム
(代表世話人:柳下正樹)
協賛 :
グライコフォーラム
(生化学工業株式会社)
日時 :
2006年2月18日(土)
13:30−17:10 講演会(無料)
17:10−18:30 懇親会(会費1,000円)
場所 :
東京医科歯科大学歯学部校舎一号館9階特別講堂 (地図
JR線「御茶ノ水」徒歩5分、地下鉄(丸の内線)「御茶ノ水」徒歩2分
お問い合わせ先 :
〒100-0005東京都千代田区丸の内一丁目6−1
生化学工業株式会社グライコフォーラム
TEL:03-5220-8598
FAX:03-5220-8956
E-mail:info@glycoforum.gr.jp

▼12:30
受付開始
▼13:30-13:40
(開演)あいさつ
柳下正樹(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科)
▼13:40-14:10
グリコサミノグリカンの糖鎖コード:ケラタン硫酸の場合

吉田圭一(水谷糖質科学振興財団)
要旨(PDF形式)
▼14:10-15:00
ヘパラン硫酸-O-硫酸転移酵素HS2ST, HS6STとその機能

羽渕弘子(愛知医科大学分子医科学研究所)
要旨(PDF形式)
▼15:00-15:20
Coffee break
▼15:20-16:00
糖鎖創薬を志向したグリコサミノグリカン機能発現メカニズムの解明

菅原一幸(神戸薬科大学)
要旨(PDF形式)
▼16:00-16:40
細胞表層ヘパラン硫酸プロテオグリカンによる細胞外マトリックスメタロプロテアーゼの活性化の制御機構

岡山 實(京都産業大学)
要旨(PDF形式)
▼16:40-17:10
総合討論

▼17:10-18:30
懇親会