back to Glyconews index
第5回生化学会近畿支部テクニカルセミナー


バイオテクノロジーにおける最新の糖鎖分析技術


主催:生化学会近畿支部

1999年5月8日
神戸薬科大学(4号館 K440号教室)
〒658-8558 神戸市東灘区本山北町 4-19-1 Tel: 078-453-0031
JR摂津本山駅または阪急電鉄神戸線岡本駅下車、徒歩約15分
※道順がわかりにくいので、タクシーが便利です。(5分) ※学内の駐車場は利用できません



■ 糖鎖研究の意義と最近の進展
 10:00「糖鎖シグナルと生体防御」
 川嵜 敏祐(京都大学大学院薬学研究科生命薬科学専攻 生体分子薬学講座・教授)
■ 複合糖質の高感度簡易分析法
 10:50「糖脂質の分析法」: Far-eastern blot (TLC blot) を用いた微量分析とその応用
 瀧 孝雄 (大塚製薬細胞工学研究所・所長)
 11:25「硫酸化グリコサミノグリカンの分析法」
 微量の組織や培養細胞からのGAGの調製とその高感度分析
 山田 修平(神戸薬科大学生化学教室・助手)
 12:00「糖蛋白質糖鎖の分析法」: 蛍光標識による高感度分析
 長束 俊治(大阪大学理学部化学科・助手)
12:35 昼食と展示
■ 糖鎖の機器分析法
 14:00「糖鎖の誘導体化と機器分析への応用」
 蛍光の諸現象を利用する糖鎖―タンパク質の相互作用の解析
 掛樋 一晃(近畿大学薬学部医薬品情報科学研究室・教授)
 14:35「質量分析」: ESI-TOF MS を用いた複合糖質のキャラクタリゼーション
 隅田 泰生(大阪大学大学院理学研究科化学専攻 学際化学講座・助教授)
■ その他
 15:10 展示説明会(アトー・宝酒造・生化学工業)
 16:10 懇親会(質問会)
 17:30 セミナー終了

参加費用: 一般 3,000円  学生 1,000円  ※いずれも懇親会費用を含みます。
申込方法: 氏名・所属・連絡先(住所・電話・FAX・E-mailアドレス)を明記の上、
神戸薬科大学生科学研究室にFAXまたはE-mailでお申し込み下さい。
Fax: 078-441-7571  E-mail:biochem@kobepharma-u.ac.jp