日時:
平成17年3月15日(火)13:00-17:00
会場:
名古屋大学東山キャンパスVBLベンチャーホール(地図
〒464-8601 名古屋市千種区不老町VBL事務室
TEL: 052-789-5447 FAX: 052-789-5448
 
会議の趣旨
 糖鎖科学名古屋拠点は、糖鎖科学研究を発展させるためのコンソーシアム構想の一環として、2002年春から名古屋を中心とする中部東海地域の研究者によって活動を展開してきております。この地域では、プロテオグリカン、糖タンパク質、糖脂質といった複合糖質全般について幅広く先端的な研究が行われておりまして、構造解析、化学合成、生物学的機能解析、生体材料への展開、医学、薬学上の応用といったそれぞれの領域で優れた成果をあげてきております。2004年度におきましては、糖鎖科学名古屋拠点の活動のひとつとして、飯島信司教授(名古屋大学大学院工学研究科)代表のもとで、名古屋大学総長裁量経費「糖鎖科学研究振興のための研究科・大学横断システムの構築」プロジェクトが立ち上がり、現在、活動を展開しているところであります。さて、このプロジェクトでは、この度、まさに第一線で研究を行っている若手および中堅研究者による講演交流会を催すことにいたしました。この機会におきまして、若手および中堅実力者による日頃の研究の成果を拝聴させていただくとともに、糖鎖科学研究のさらなる発展のために活発な意見交換を行いたいと考えております。
つきましては、下記のようにご案内させていただきます。年度末でお忙しい時期とは存じますが、どうぞ会場までお運びいただけますようお願い申し上げます。
  飯島 信司 (名古屋大学大学院工学研究科)
小林 一清 (名古屋大学大学院工学研究科)
北島  健 (名古屋大学生物機能開発利用研究センター)
古川 鋼一 (名古屋大学大学院医学系研究科)
 
プログラム
13:00-13:05
飯島 信司(名古屋大学大学院工学研究科)
開会
13:05-13:50
三宅 克英(名古屋大学大学院工学研究科)
微生物由来の莢膜多糖の生合成系
13:50-14:35
西川 俊夫(名古屋大学大学院生命農学研究科)
新規微量糖鎖C-マンノシルトリプトファンの生物有機化学的研究
14:35-14:45 −− 休憩 −−
14:45-15:30
古川 圭子(名古屋大学大学院医学系研究科)
スフィンゴ糖脂質による癌性形質獲得の分子メカニズム
15:30-16:15
渡辺 秀人(愛知医科大学分子医科学研究所)
プロテオグリカン会合体:構造と機能
16:15-17:00
鈴木 隆 (静岡県立大学薬学部)
パンデミックインフルエンザA型ウイルス ノイラミニダーゼの構造と機能
17:00
閉会
17:00-19:30
−−懇親会−−名古屋大学東山キャンパス内 花の木
シンポジウム参加費:
参加無料 事前登録の必要はありませんので、直接ご来場下さい。
懇 親 会 費:
有料

お問合せ:
小林一清(名古屋大学大学院工学研究科) Tel: 052-789-2488
北島 健(名古屋大学生物機能開発利用研究センター)Tel: 052-789-4297