第7回東北糖鎖研究会
 
日 時
第1日目 平成25年09月27日(金)14:00〜18:40 (懇親会:19:00〜20:30)
第2日目 平成25年09月28日(土) 9:00〜12:40
場 所
会場案内図 pdf
新潟日報メディアシップ 6階 ナレッジルーム
〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1
会 長
加藤陽治(弘前大学)
世話人
鰺坂勝美,宮崎達雄,小島 勝(新潟薬科大学),古川 清(長岡技術科学大学),長束俊治(新潟大学)
連絡先
〒956-0862 新潟市秋葉区東島265番地
新潟薬科大学・応用生命科学部・応用生命科学科・応用糖質化学研究室
Tel: 0250-25-5168
Fax: 0250-25-5021
E-mail:ajisaka@nupals. ac.jp
東北糖鎖研究会
第26回日本糖質学会年会(2007年)の世話人が発起人となり、東北における糖鎖科学の振興、
特に「糖鎖化学と糖鎖生物学との融合、および若手糖鎖研究者の育成」を目的として設立されました。
(会長:2007−2010宮城妙子,2011−加藤陽治)
 
■ 9月27日(金)14:00 〜 18:40
14:00-14:10
開会の挨拶 東北糖鎖研究会 会長 加藤陽治
14:10-14:50
● 座長 顧 建国(東北薬科大学)
O1)14:10-14:30 「SSAレクチンによる抗原抗体反応の阻害:髄液中α2,6-シアル酸化トランスフェリンの測定」
星 京香,苅谷慶喜,奈良清光,伊藤浩美,松本加奈,長江雅倫,山口芳樹,中島 円,宮嶋雅一,新井 一,久野 敦,成松 久,城谷圭朗,○橋本康弘
(福島県立医科大学 生化学講座)
O2)14:30-14:50 「ナマズ卵レクチンはバーキットリンパ腫Raji細胞のTCA回路を停止させるか ?」
○仁田一雄,菅原栄紀,立田岳生,細野雅祐
(東北薬科大学 分子生体膜研究所 分子認識部門)
14:50-16:50
● 座長 柿崎育子(弘前大学院),宮崎達雄(新潟薬科大学)
ポスターショートプレゼンテーション(各2分)
ポスター討論
16:50-17:00
[休憩]
17:00-17:40
【招待講演1】
● 座長 古川 清(長岡技術科学大学)
IL1)「グリコサミノグリカンの神経恒常性調節機構」
五十嵐道弘(新潟大学医学部)
17:40-18:40
【特別講演】
● 座長 長束俊治(新潟大学)
「発見の入口」
長谷純宏

【懇親会】
19:00-20:30
会場
新潟日報メディアシップ 20階 展望フロア
〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1

■ 9月 28日(土)9:00 〜 12:40
9:00-9:40
● 座長 小川智久(東北大学)
O3)9:00-9:20 「カルバグルコースを構成糖とする擬似二糖の合成研究」
○宮葡B雄,館田尚家,鰺坂勝美
(新潟薬科大学 応用生命科学部)
O4)9:20-9:40 「Golgi endo α-mannosidaseのシンターゼ活性を利用した糖鎖の合成」
○岩本将吾1,笠原佑太1,瀬古 玲1,武田陽一1,伊藤幸成2,松尾一郎1
1群馬大学 工学部,2理化学研究所 基幹研究所 細胞制御科学研究室)
9:40-10:20
● 座長 那谷耕司(岩手医科大学)
O5)9:40-10:00 「糖鎖研究のインフラとしての糖鎖アトラスの作成」
○長束俊治
(新潟大学 理学部 生物学科)
O6)10:00-10:20 「ブラジキニンB2受容体のN-結合型糖鎖の機能」
川田彰彦,八嶋紗代,三苫純也,中川哲人,黒田義幸,○東 秀好
(東北薬科大学 分子生体膜研究所 生体膜情報学研究室)
10:20-11:00
● 座長 坪井滋(鷹揚郷腎研究所)
O7)10:20-10:40 「α1,6-Fucosylation Is Required for Hepatocarcinogenesis and Liver Regeneration.」
○王 玉琴,福田友彦,顧 威,伊左治知弥,三善英知1,顧 建国
(東北薬科大学 細胞制御学;1 大阪大学医学系研究科 消化器疾患病態)                                  
O8)10:40-11:00 「癌細胞におけるβ4-ガラクトース転移酵素2, 5遺伝子の発現制御」
○久慈 諒,小林之人,白根克則,佐藤武史,古川 清
(長岡技術科学大学 生物系 糖鎖生命工学)
11:00-11:10
[休憩]
11:10-11:50
● 座長 橋本康弘(福島県立医科大学)
O9)11:10-11:30 「GM3合成酵素欠損マウスの聴覚障害発症機序」
○井ノ口仁一,吉川弥里,郷 慎司
(東北薬科大学 分子生体膜研究所 機能病態分子学教室)
O10)11:30-11:50 「グリオーマにおけるシアリダーゼ異常」
高橋耕太1,細野雅祐2,森谷節子1,和田 正1,仁田一雄2,○宮城妙子1
(東北薬科大学,1がん糖鎖制御,2分子認識)
11:50-12:30
【招待講演2】
● 座長 鯵坂勝美(新潟薬科大学)
IL2)「選択的グリコシル化反応を利用したアスパラギン結合型糖鎖の合成研究」
松尾一郎(群馬大学 工学部)
12:30-12:40
閉会の挨拶
 
ポスター発表演題(☆印:ポスター賞エントリー演題)
P1
EMARS法を用いたGb3近傍に存在する分子の探索
〇安達裕子,菅原栄紀,任 彰,立田岳生,細野雅祐,仁田一雄
(東北薬大・分生研・分子認識)
P2
ナマズ卵レクチンで誘導されるバーキットリンパ腫細胞の増殖抑制機構の解析
〇菅原栄紀,任 彰,立田岳生,細野雅祐,仁田一雄
(東北薬大・分生研・分子認識)
P3
マウスシアリダーゼNeu3 の細胞内輸送
〇弓田陽菜,三苫純也,中川哲人,東 秀好
(東北薬科大・分子生体膜研・生体膜情報学)
P4
筋分化過程におけるスフィンゴ糖脂質発現変化とその意義
○新井詩織,郷 慎司,井ノ口仁一
(東北薬科大学 分子生体膜研究所 機能病態分子学)
P5
T細胞の分化成熟におけるスフィンゴ脂質の発現と機能的役割
○豊島かおる,神 麗美,永福正和,井ノ口仁一
(東北薬大・分子生体膜研・機能病態分子学)
P6
「GOLPH3によるインテグリンの機能制御とその糖鎖変化
○任 翔,伊左治知弥,福田友彦,顧 建国
(東北薬科大細胞制御学)
P7
祖先型配列再構築による加速進化型胎盤ガレクチンの機能・進化解析
渡辺瑞樹1,館野浩章2,平林 淳2,村本光二1,○小川智久1
1東北大・院・生命,2産総研・幹細胞工学研究セ)
P8
銀葉病菌由来エンドポリガラクツロナーゼIのプロ配列による活性調節機構
○小川紗也加1,3,木村詩織1,木村 翼1,奥野智旦2,宮入一夫1
1弘前大・農学生命,2秋田看護福祉大,3東北大・院・生命)
P9
ヒト悪性胸膜中皮腫に対するミトラマイシンAの抗腫瘍効果の解析
植田 源1,矢澤 伸2,○仲村渠志郎1,古川 清1
1長岡技科大・工・糖鎖生命工学,2大塚製薬・徳島研究所)
P10
レクチンを用いたプラナリア個体におけるN-型糖鎖の局在の解析
○柴崎雄基,古川 清
(長岡技科大・生物系)
P11
ヤマトヒメミミズのN-型糖鎖の構造解析
○鈴木真夕子1, 2,熊谷忠弘2,石原真由美2,小川 秀3,古川 清1,Michael Tiemeyer2,Parastoo Azadi2
1長岡技科大・生物系,2Univ. of Georgia,Complex Carbohydr. Res. Ctr.,3 長岡高専・一般教育)
P12
正常B細胞におけるmagmasの発現制御機構の解析
〇任 彰,菅原栄紀,立田岳生,細野雅祐,仁田一雄
(東北薬大・分生研・分子認識)
P13
膵ランゲルハンス島β細胞機能におけるヘパラン硫酸プロテオグリカンSyndecan-4の役割
高橋 巌,相馬雄介,佐藤志保,酒井和佳奈,大橋一晶,○那谷耕司
(岩手医大・薬・臨床医化学)
P14
ゼブラフィッシュMgat1の解析
○半澤 健1,長束俊治1, 2
(1新潟大院・自然科学,2新潟大・理)
P15
マウス肝臓糖鎖マップの作成
○須賀達也1,住吉 渉3,中北愼一3,藤間真紀1,2,長束俊治1,2
(1新潟大学院・自然科学,2新潟大・理・生物,3香川大・総合生命科学センター)
P16
コンドロイチン硫酸のカウンターイオンの違いによる抗酸化活性の変化
鈴木康弘,○鯵坂勝美,宮崎達雄
(新潟薬科大学・応用生命科学部)
P17
エンド型糖加水分解酵素を利用したO-結合型糖ペプチド合成反応における新規二糖供与体
五十嵐和也1,〇関川雄基1,鯵坂勝美1,釜田崇志1,宮崎達雄1,川崎 寿2, 夏目 亮2,中松 亘2
(1新潟薬科大学・応用生命科学部,2東京電機大学,工学部)
P18
ブロック合成法によるN-結合型糖鎖生合成中間体7糖の合成
○宇津井隆志,宮沢進平,岩本将吾,松尾一郎
(群馬大・院理工)
P19
新規endo-α-mannosidase探索に向けた4糖誘導体の合成
○笠原佑太1,岩本将吾1,亀井健一1,武田陽一2,瀬古 玲2,伊藤幸成2,3, 松尾一郎1
(1群馬大院理工,2ERATO-JST,3理研・細胞制御化学)
P20
オキサゾリン誘導体を用いたグライコシンターゼ:endo-M-N175Qの基質特異性 解析
○石井希実1,岩本将吾1,熊田純一2,松崎祐二2,松尾一郎1
(1群馬大・院理工,2東京化成工業株式会社)
P21
オクチル3-および6-モノフルオログルコシドの合成
○煖エ 惇,松尾一郎
(群馬大院工)
P22
糖転移酵素の活性測定に用いるUDP-ジギトキソースの合成
○亀井健一,岩本将吾,笠原佑太,高橋 惇,松尾一郎
(群馬大院理工)