サイト内検索
and or

nature reviews
公益財団法人 水谷糖質科学振興財団
JCGG 日本糖鎖科学コンソーシアム
山川民夫賞 設立と公募要領のお知らせ
Transforming Glycoscience: A Roadmap for the Future
National Research Council/The National Academies
last updated 2016/8/22

The Latest Article

Hyaluronan Today
補体関連レクチンの生体防御における役割について / 大谷 克城, 若宮 伸隆 NEW
1970年代分子生物学の隆盛とともに、細胞性免疫や液性免疫を含む獲得免疫が一時代を築き、その後Toll-like受容体の発見から、自然免疫の重要性が明らかになった。そして現在、多くのレクチン研究が免疫学に新しい息吹を吹き込んでいる。糖鎖と生物学が融合するきっかけとなった最初の研究は、Kawasakiらによるマンナン結合タンパクの発見であろう。 ...and more
Hyaluronan Today
微生物のエンドグリコシダーゼを用いた糖鎖医薬品の化学-酵素合成 / 山本 憲二
遺伝子やタンパク質を任意に付加したり改変したりする技術は急速な進歩を遂げて来ており、遺伝子工学やタンパク質工学の分野の発展は医薬品の開発や病気の治療などに大きな役割を果たして来ている。一方、遺伝子が翻訳されてタンパク質が合成された後にタンパク質が修飾される過程として重要な「糖鎖の付加」については任意な構造の糖鎖を付加したり改変したりする有効な技術や手段が未だ充分であるとは言えない。 ...and more
last updated 2016/4/22

Disease and Glycoscience

Glycoscience Now

これから糖質科学を目指すひとびと、
糖質科学に興味をもつひとびとに向けて
糖質科学の最前線…