サイト内検索
and or

nature reviews
公益財団法人 水谷糖質科学振興財団
JCGG 日本糖鎖科学コンソーシアム
山川民夫賞 設立と公募要領のお知らせ
Transforming Glycoscience: A Roadmap for the Future
National Research Council/The National Academies
last updated 2016/2/3

The Latest Article

Hyaluronan Today
微生物のエンドグリコシダーゼを用いた糖鎖医薬品の化学-酵素合成 / 山本 憲二 NEW
遺伝子やタンパク質を任意に付加したり改変したりする技術は急速な進歩を遂げて来ており、遺伝子工学やタンパク質工学の分野の発展は医薬品の開発や病気の治療などに大きな役割を果たして来ている。一方、遺伝子が翻訳されてタンパク質が合成された後にタンパク質が修飾される過程として重要な「糖鎖の付加」については任意な構造の糖鎖を付加したり改変したりする有効な技術や手段が未だ充分であるとは言えない。 ...and more
Hyaluronan Today
鳥インフルエンザウイルスの糖鎖を介したヒト適応機構とパンデミック対策 / 渡邊 洋平
鳥インフルエンザウイルス感染症は、H5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスが1997年にヒトに感染して以来、発生地域において深刻な社会問題となっている。近年では、H5亜型以外の鳥インフルエンザウイルス感染事例が相次いでヒトで報告されており、鳥インフルエンザ感染症は継続的な監視が必要な新興感染症である。これまでのヒト感染事例のほとんどが鳥−ヒト間の偶発的なウイルス伝播が原因であり、ウイルスは未だ十分なヒト適応性を獲得していない。 ...and more
last updated 2016/4/22

Disease and Glycoscience

Glycoscience Now

これから糖質科学を目指すひとびと、
糖質科学に興味をもつひとびとに向けて
糖質科学の最前線…