Apr. 01, 2020

キチン・キトサンの創傷治癒への応用
(Glycoforum. 2020 Vol.23 (2), A6)
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23A6J

東 和生

東 和生

氏名:東 和生
鳥取大学農学部 准教授
学位:博士(獣医学)
2010年鳥取大学農学部獣医学科卒業、獣医師免許取得。2013年山口大学大学院連合獣医学研究科修了。同年9月鳥取大学農学部 助教。2018年4月より現職。2017年日本キチン・キトサン学会奨励賞。研究テーマはキチン・キトサンの生体機能、特に皮膚疾患・炎症疾患における機能性の解明。他には獣医療における疾患とアミノ酸代謝の関連、機能性食品成分等の疾患モデルでの評価。

序文

カニ殻などに含まれるキチン・キトサンには様々な生体機能が知られている。特に、50年ほど前よりキチン・キトサンの有する創傷治癒促進効果について多くの研究がなされている。現在では、キチンを原料とする創傷被覆材も医療現場にて使用されている。今回は、キチン・キトサンと創傷治癒促進効果について解説する。

1. キチン・キトサンとは

キチンは、N-アセチルグルコサミンが直鎖状に結合した多糖類である1。キチンは甲殻類の外皮、菌類の細胞壁および無脊椎動物の体表を覆うクチクラのなどに含まれる。カニ殻などでは、キチンの微細繊維が重なり合って層を構成しており、その層が何重にも重なることで強固な外殻を形成している。キチンを脱アセチル化されることでキトサンが得られ、工業的に利用されている。キチン・キトサンは、その資源の豊富さ、高い生体適合性、安全性および多彩な生体機能から様々な分野で注目される多糖である2

図1
図 1. キチン(Chitin)、キトサン(Chitosan)およびセルロース(Cellulose)の化学構造式

図2
図 2. カニ殻におけるキチン繊維のイメージ
キチンは微細繊維が何重にも密集することで強固なカニ殻を形成する。文献3より引用。

キチン・キトサンは食品などの分野を中心に様々な応用がされている。例えば、キトサンにはコレステロール吸着抑制作用があり、キトサンの単糖であるグルコサミンは変形性膝関節症などへのサプリメントとして利用されている。

また、1970年頃よりよりキチン・キトサンには傷の修復を早める(創傷治癒を促進させる)効果が知られており、現在創傷被覆材として製品化されている4。その効果は、外傷の治療のみならず、近年増加する高齢者などでの褥瘡の治療への利用が期待されている。今回は、キチン・キトサンが有する創傷治癒促進効果について概説する。

2. キチン・キトサンが創傷治癒に及ぼす影響

創傷治癒の過程には、大きく炎症期、増殖期およびリモデリング期が存在する。キチン・キトサンは、それぞれの過程に影響を及ぼすことが明らかとなっている4, 5。具体的には、創部への白血球の誘導を促進する、多型白血球の誘導を促進し組織での異物貪食を促す、肉芽組織の形成を促し増殖期への誘導を行う、速やかな上皮化を行うといったことが知られている。また、創傷治癒に重要なプロスタグランジンなどの生理活性物質を放出させる。また、キチン・キトサンは血小板凝集能を強化し、血小板由来成長因子の放出を促進する。このような各種成長因子・生理活性物質は、血管内皮細胞・線維芽細胞などを創部に誘導する。

興味深いのは、in vitroではキチン・キトサンは直接的には血管内皮細胞・線維芽細胞増殖を刺激しないことが指摘されている。しかし、キチン・キトサンの分解産物は血管内皮細胞の遊走活性を誘導する。したがって、キチン・キトサンは創傷治癒の第一段階である炎症期の速やかな開始に寄与するとともに、その分解産物が創傷治癒過程に影響を及ぼしていると考えられている。

3. キチンによる創傷被覆材

前述のような創傷治癒促進効果、生分解性および安全性の高さ(低抗原性)から、キチンは臨床現場にて創傷被覆材として応用がされている。1989年には、人患者に対する臨床応用について発表されており、現在に至るまで製品化されている。特に「創の保護」、「湿潤環境の維持」、「治癒の促進」および「疼痛の軽減」を目的とし、創への使用がなされている6

また、キチン・キトサンの効果は人のみならず動物(獣医療)でも、よく知られるところである。南らは1990年頃より獣医療(産業動物(牛)、伴侶動物(犬、猫))での応用を開始し、良好な成績を発表している4。実際の症例での使用経験から、キチン・キトサンは皮膚のケロイド化を防ぎ、広範囲な創傷・感染創などにも有用であることを明らかにしている。さらに興味深いのは、その治癒過程において被毛も含め皮膚の良好な再生を誘導することである。その知見をふまえ、1992年にはキチン・キトサンを利用した動物用創傷被覆材も製品化された(1992年発売の製品はすでに製造されていないが、キトサンを綿状にした創傷被覆材が動物医療にも使用される場合がある11)。

4. キチン・キトサンの新展開

近年、様々な材料由来のナノファイバーが作製されており、キチン・キトサンもその例外ではない。特に、鳥取大学 伊福伸介教授らのグループはキチン粉末から解繊処理と酸添加という非常にシンプルな方法でのキチンナノファイバーの作製に成功している7。キチンナノファイバーの特徴は従来のキチンと異なり水への親和性・分散性が高く均一な水分散液となり安定する点である。

図3
図 3. 表面脱アセチル化キチンナノファイバーとキトサンの肉眼像および電子顕微鏡写真
表面脱アセチル化キチンナノファイバー分散液の肉眼像をAに、電子顕微鏡写真をCに示した。また、キトサン溶解液の肉眼像をBに、電子顕微鏡写真をDに示した。表面脱アセチル化キチンナノファイバーでは微細繊維が観察される。文献8より転載引用。

このキチンナノファイバーには、従来のキチンが有する生体機能に加えナノファイバーであるという物性的な利点とが存在し、この応用に大きな期待が寄せられている。さらには、加工性にも優れ例えばキチンナノファイバーの表面のみを脱アセチル化(キトサン化)した、表面脱アセチル化キチンナノファイバーも作製可能である。これらのキチンナノファイバーについては、従来のキチン・キトサン同様に創傷治癒促進効果を有することが実験的に示されている9。ナノファイバーの利点として、加工性が挙げられる。従来ほとんどの溶媒に溶けなかったキチンが親水性の分散液となることによって、その応用用途・加工性は飛躍的に向上する。表面コーティング、スポンジ化などの剤形加工も容易であり、他の多糖類などとの複合体作製も容易となる10

図4
図 4. 表面脱アセチル化キチンナノファイバー凍結乾燥によるスポンジ

5. まとめ

以上のように、キチン・キトサンの創傷治癒促進効果は約半世紀にわたり研究がなされ、臨床現場での応用もなされている。今回紹介した以外にもキチン・キトサンは様々な生体機能を有しており、大変興味深い素材である。また、原料がカニ殻など廃棄物であるという点も、資源の循環という観点からも非常に有用である。近年注目されているキチンナノファイバーの生体機能探索・応用に関する研究も実施されている真只中であり、今後の展開に目が離せない多糖類である。


References
  • K. Azuma et al., J. Biomed. Nanotechnol. 10, 2891 (2014)
  • 東 和生,BIO INDUSTRY. 34, 35 (2017)
  • S. Ifuku and H. Saimoto, Nanoscale. 4, 3308 (2012)
  • 南 三郎,江口博文,獣医臨床のためのキチンおよびキトサン.株式会社ファームプレス (1995)
  • 岡本芳晴,第16章 キチン・キトサンの獣医臨床領域への適用,キチン・キトサンの最新科学技術.技報堂出版 (2016)
  • ベスキチン®W 添付文書,ニプロ株式会社 (2015)
  • S. Ifuku et al., Biomacromolecules. 10, 1584 (2009)
  • R. Koizumi et al., Int. J. Mol. Sci. 18, 279 (2017)
  • R. Izumi et al., Carbohydr. Polym. 123, 461 (2015)
  • R. Tabuchi et al., Int. J. Pharm. 511, 1080 (2017)
  • 家畜診療 57(7) 436 (2010年7月)
top