Glycotext

Glycotext 2022

脳の炎症とグリコサミノグリカン分解酵素 NEW!
東京理科大学薬学部薬学科 病態分析化学研究室 東 恭平
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G6
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G6J
公開日:2022/12/1
GAGを用いた核酸デリバリーシステム NEW!
慶應義塾大学理工学部 佐藤 智典
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G5
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G5J
公開日:2022/12/1
バイオ医療応⽤に向けたナノゲル⼯学とエクソソーム⼯学
京都大学大学院 工学研究科高分子化学専攻 秋吉 一成
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G4
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G4J
公開日:2022/10/3
糖鎖・レクチン創薬の基礎と糖鎖解読の新技術(scGR seq)
国立研究開発法人産業技術総合研究所 / 筑波大学医学医療系 舘野 浩章
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G3
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G3J
公開日:2022/8/1
修正:2022/9/20、スライド26, 59, 61を修正、スライド60を追加
腸管上皮糖鎖修飾機構と腸管恒常性制御
千葉大学真菌医学研究センター / 東京大学医科学研究所 後藤 義幸
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G2
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G2J
iPS細胞からつくる腎臓オルガノイド研究
理化学研究所 生命機能科学研究センター ヒト器官形成研究チーム 髙里 実
Glycoforum. 2022 Vol.25 (SI), G1
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.25G1J

Glycotext 2021

リンパ球ホーミングと糖鎖
千葉大学大学院薬学研究院免疫微生物学研究室 川島 博人
Glycoforum. 2021 Vol.24 (SI), G2
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.24G2J

Glycotext 2019

糖転移酵素の働きと疾患との関わり(PDF)
岐阜大学 木塚 康彦
Glycoforum. 2020 Vol.23 (SI), G1
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23G1J
糖鎖を動物内でのキャリアとする未来の創薬 - 生体内合成化学治療 -(PDF)
東京工業大学 理化学研究所 田中 克典
Glycoforum. 2020 Vol.23 (SI), G2
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23G2J
糖の代謝 (PDF)
理化学研究所 鈴木 匡
Glycoforum. 2020 Vol.23 (SI), G3
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23G3J
糖鎖のシークエンス解析および立体構造解析 (PDF)
名古屋市立大学大学院薬学研究科 矢木 宏和
Glycoforum. 2020 Vol.23 (SI), G4
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23G4J
合成化学で解き明かす糖鎖認識 (PDF)
成蹊大学理工学部 戸谷 希一郎
Glycoforum. 2020 Vol.23 (SI), G5
DOI: https://doi.org/10.32285/glycoforum.23G5J
top